読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王子様の本当の顔

「ん、いったい」 お腹にズンとした痛みを感じる。 そろそろ、あれ来る頃かな… トイレへ行ってみると案の定そうだった。 「やっぱりか…今日りゅうくんとデートなんだけど大丈夫かな…」 ちょっとの痛みに耐えつつ準備を始める。 「やっぱり痛いな…でも行きた…

彼と一緒にご飯を

今日は早めに仕事が終わったので珍しくご飯を作り終えていた。 そしてソファーの上でごろごろしていた。 ピコン (今から帰るよ) 仕事終わりの淳太くんからLINEが来る。 既読を付けてスタンプを返す。 「ご飯あっためよっかな〜」 最近食べ過ぎて太ってしまっ…

頑張る君へ

私はもうすぐ免許が取れる。 でもその為にはテストに受からなければならない。 「やる気出ない〜!」 勉強をしなければならなかったが、全くやる気が湧かず携帯片手にゴロゴロしていた。 ブーン… あ、智くん帰ってきた!!! 『ただいま〜』 玄関から仕事を…

彼の背中

「ん」 祟裕を後ろからギュッと抱きしめた。『ん?何したん?』彼が振り向きながら聞く。「何でもなーい」と言いながらも「なーでーがーたー」そう呟きながら角度が急な肩に抱きつく。『やめろや〜』ってへへって笑いながら言う彼に「やだー」って言うと『や…