王子様の本当の顔

「ん、いったい」

お腹にズンとした痛みを感じる。

そろそろ、あれ来る頃かな…

トイレへ行ってみると案の定そうだった。

「やっぱりか…今日りゅうくんとデートなんだけど大丈夫かな…」

ちょっとの痛みに耐えつつ準備を始める。

「やっぱり痛いな…でも行きたいし、我慢しよ…」

 ピコン

(そろそろ家出て迎え行くな〜)

既読を付けて家の外に出て迎えを待つ。

するとすぐ彼は現れた。

『おはよ、お待たせ』

窓を開けて笑顔でそう言う彼に頷くと助手席に乗った。すると私の大好きなあったかいココアを渡してくれる。

「寒かったやろ?俺も起きんの辛かったわ〜、妹にモーニングコール頼んだんやけどなかなか起きひんって怒られたわ(笑)」

「ありがとう!りゅうくん朝苦手だもんね(笑)妹さんに会ってみたいな〜」

『今日の話したら妹らも会いたい言うてたで、

気合うと思うからまた今度会わせたるわ(笑)』

「ほんと??めっちゃ楽しみ〜」

そんなこんなしてるうちに私たちお気に入りのカフェに到着。

『降りる時後ろ気ぃ付けや』

「はーい」

運転席からサッと降りてさり気なく手を差し出してくれる私の王子様だ。

だがしかし…

あ、やばい。

そう思った矢先、ふらりとしてしまった。

貧血で倒れそうになった。

グッと腕を抱えられ倒れずに済んだ。

『やっぱり今日は家でゆっくりしよーや、いつものでええやろ?俺買ってくるから車ん中で待っとけ。』

微笑んでそう言うと私を助手席に乗せ、ダッシュボードに入っていたカイロを手に握らせると行ってしまった。

きっと彼は私が女の子の日だということに気付いた。

さり気なくしてくれる優しさに今日は泣いてしまいそう。

 

『ほい、これやろ?』

「あったかーい!!!ありがとう♡」

いつも頼むココアをちゃんと覚えていてくれたみたいだ。

あの忘れん坊の彼が覚えていてくれてすっごく嬉しい(笑)

『そういえば、この前見たいって言ってたDVD借りてきてんけど見いひん?』

「見たい!」

『また俺寝てまうかもしれへんけどな(笑)』

「そしたら寝顔撮るからね(笑)」

『それは嫌や、勘弁してや(笑)』

「じゃあ起きててくださーい」

『頑張るわ』

自惚れてるかもしれないけど私のことなら何でも覚えていてくれているみたい(笑)

愛してくれてるなぁって感じて安心する。

彼の家に着き、車から降りようとすると

『ちょっと待ってや』

「ん?どしたの?」

『まあ』

そういうと自分はサッと降りて助手席のドアを開ける。

『手え貸しや』

素直に手を出すとお姫様抱っこされる。

「ねえ!ちょっと!恥ずかしいよ!」

と言ってジタバタすると

『危ないから大人しくしとけ、俺やってお前ぐらい簡単に抱っこ出来るわ』

さっきからかっこよすぎる彼にどうかしてしまいそう。

あ、いいこと思いついた!

そんな彼には…

チュ

『ん、お前何してん?』

「りゅうくんがかっこよすぎるから」

『可愛すぎるからやめてや、抑え切れんくなるやろ。』

「今日はだめでーす(笑)」

『それ知っとったから我慢してたのに我慢でけへんくなるわ」

 「だーめ(笑)」

ガチャ

私をようやくソファーの上に寝かせてくれると

右口角を上げて妖艶な笑みを浮かべるとキスを落として部屋から出ていった。

 f:id:RyuShuu:20170316135326j:image