fight!

今日は家でDVDを観ようと言っていたのに。

ボクシングに行って来る。終わったら家に行くから待っとって、とLINEが入っていた。

私がそろそろ勉強しないと、と言っていたから気を使った彼の優しさに間違いない。

それでも寂しいのが乙女心ってもので。

廉くんがいつ来てもいいようにベッドから出て朝ごはんを食べて着替えてちょっとだけメイクをして仕方なく勉強をすることにした。

意外にも後で会えると思うと頑張れるものでとてもはかどった。順調に進み、ちょっと休憩しようと思ったところで玄関のベルが鳴った。

ピーンポーン

しっかりとビデオカメラで確認してみると案の定廉くんだったので、すぐにドアを開けて

「おかえ、」

 ちゅっ

「ただいま♡着替えてくる」

笑顔で頭ポンポンすると行ってしまった。ちょっと寂しさを感じつつもドラマの続きが気になってテレビの前に戻った。

「ねえ、お〜い、構ってよ~」

なんか読んでる声が聞こえてくるけど今は無理。テレビ観たくてしょうがないもん。

突然、テレビとわたしの間に座って手を広げてきた。

「今見とるから邪魔せんとって」

『俺の膝の上に座って見ればええやん』

恥ずかしいからいつもなら1回は断るけど続きを見たいからすぐにぎゅっと抱きつくようにして座った。

ドラマに夢中になっているといつの間にか寝てしまったみたいで寝息が聞こえてきた。

きっとボクシングで疲れたんだろなと思ってさっきよりも強くぎゅーっと抱きついた。そして

「お疲れさま、いつもありがとう大好きだよ」と寝ている廉くんになら素直に言えた。

すると寝ていたはずの廉くんが起きてf:id:RyuShuu:20170727005554j:image

 

 

complex

私は背が高いのがずっとコンプレックスだった。流星と付き合うまでは。

流星は私よりも背が高くてスタイルが良いし、イケメン。その上、優しくて良くも悪くも天然だから女の子にもモテるし男友達も多い。

そんな彼にはちっちゃくて華奢でふわふわしてる女の子の方が彼にお似合いだと今でも思っている。もちろんそんな彼を束縛しないし、しようとも思わない。でも不安な私の心中を悟ってか無意識なのか。

『いつもお前しか愛しとらん。お前が隣に居ったらそれだけで幸せ。』

なーんて笑顔で言ってくる。だから彼から離れられないんだと思う。

今日はそんな彼とお互い好きな黒のTシャツに黒のスキニーを来てペアルックでショッピング。一応デートやし化粧ぐらいは女の子らしくしたいから早起きした。もう9時半だ。頼まれていた時間にモーニングコールをして起こす。

プルルルル…

やっぱりなかなか起きひん。

「流星起きろ〜!」

『はよ、、眠たいねん、朝から大声出さんといて』

「ちゃうやろ、起きてーや、出かけんねやろ」

『ん、でも、眠たい。あと5分』

「分かったから電話は繋いどいて」

『ん』

それだけ言うとまた寝てしまった。今までちゃんと起きたことはない。

多分10分ぐらい寝るんやと思うから放置。

そのくらいたった頃に

「なぁ、流星、そろそろ起きて行こや〜」

『んあ、わ!やばい!俺寝てもーたやん!』

ようやく時計を見て焦り出したのかドタバタと音がする。

「私準備出来たから流星ん家まで行こか?」

『ええよ、もう準備出来たからもう出る』

「家から出て待ってるから安全運転でゆっくり来て?」

『分かった、じゃあまたな』

15分ぐらい待ってるとサングラスをかけて私と同じ黒1色にまとめられた服を着た流星が車で来た。運転席に乗ったまま助手席のドアを開けてる仕草が様になっていてかっこいい。

『ごめん、遅なった』

「ええよ、行こや。楽しみにしててん」

『今日なぁ好きなブランドの新作出てんやって』

「ほんま!?嬉し〜」

大好きな洋楽がかかっていたので2人で口ずさんでいるとあっという間に到着した。

3月に行ったっきり行ってなかったのでなおさら楽しみにしていた。

「いらっしゃいませ〜」

春から入った新人さんらしき女店員さんに流星が話しかけられていた。

「どうも」

「何かお探しですか?妹さんとショッピングなんて仲良いですね〜」

そんな声が聞こえてやっぱりカップルに見えないのか…と少し悲しく思った。

「ちゃいますよ?俺の自慢の可愛い彼女なんすよ、一緒におるのが長すぎて顔まで似てきたんかな(笑)」

「すみません!!まさかそうは思わなくて!!!」

「ええよええよ、よう言われるしもう家族みたいなもんやし。いずれはそうなる予定やで」

なんて聞こえてくるし真面目な顔で言ってる姿が見えてすごく顔が熱くなる。

だから聞こえてきていたことも劣等感を抱いたことも内緒。

それよりも花嫁修行しなくっちゃ。f:id:RyuShuu:20170601211935j:image

 

 

甘えたい時もあるでしょ?

ゆっくりお風呂に浸かりながらいつもなら寝てしまう私。

けれども今日は1日ゆっくりしていたからあまり眠くはない。そんな日には普段はポジティブな私も考え事をしてしまう。

新生活が始まってしたいこととしなければいけないこと。それなのに何1つ出来ていない自分。色々と考え込んでしまい自分に悔しさと怒りと悲しみを感じる。

「んー!」

声を出して少し発散した。だがそれでも発散し切れず、ついには良くないこととは知りつつも壁に頭をぶつけてしまった。少し鈍いドンとした音が鳴り響く。

『おい!どうした!』

一応鍵をかけておいたドアを開けようとドンドンと音がする。

「大丈夫だから!」

とだけ言うと足音だけ消えていった。

何も聞かないで心配してくれるその優しさに思わず泣いた。少し落ち着いてお風呂から出るといつものようにTVを見ながら布団の上で笑っている。そんなしげに甘えたくなり、隣に寝転がってハグする。

『何やねん(笑)1週間頑張ったな〜』

なんて言ってくるからまた泣きそうになる。

Tシャツに顔を押し付けて泣いてると

『俺のお気に入りのTシャツに鼻水付けんなよ〜(笑)』

って相変わらずふざけてくる。

本当のしげは誰よりも真面目でよく1人で悩んでるから私の気持ちが誰よりも分かるんだと思う。

だから意地っ張りでつい我慢してしまう私にはいつも通りのしげで居てくれることに優しさを感じる。

そして頭に手を置いて一定のリズムでポンポンとしてくれる。

これはいつもはしてくれないけど私が落ち込んでるとしてくれる。

安心するから好き。

言ってないけどきっとバレてるんだと思う。

しげの優しさに素直に甘えて落ち着くまで泣いた。

「ありがと、好き。」

普段なら言えない言葉も素直に出てきた。

私のことを心配しつつもおちゃらけてくれるしげのことが大好きだ。f:id:RyuShuu:20170423191836j:image

道枝駿佑ことみっちーについて

みっちーを知ったのは春松竹に行った日ですね。おそらく。

友人から聞かされていたもののジャニーズWESTのなうぇすとに行きたかったわたしはふーんぐらいだったんですね。(ごめんなさい。土下座して謝ります。自分ちゃんとしろよ。)

でも音楽がなったあの瞬間ぶわーって鳥肌が立ってうわーきゃーって思わず黄色い声援を送ったわけですね。ここが始まり。

その時にはドラマの出演が決まってるってのは知っててレギュラーで出る子じゃないのに、あれ??可愛いなぁ〜かっこいいなぁ〜って眺めてました。でもどんどん見てくうちに一生懸命やってる姿と関西魂っていうのかな、シャカリキに踊って前に前に出ていくけどもちゃんと謙虚な姿に惚れました。今は可愛い〜って感じなんだけど何だろねあの将来キラキラ活躍するだろうなぁっていう雰囲気?オーラ?が出てて好きになりました。そっからは毎週欠かさずまいジャニを見ています。顔ももちろんカッコイイしちょっとまだ慣れていないふわっとした感じとシャカリキに踊るギャップ萌えしております。そんなちびジュのみっちーが!ドラマに出るって言ったら見るしかないじゃないか!ドラマの内容的には苦手なんですね。あのヒューマンストーリーってのがあんまり得意じゃないから普段なら見ないんだけどみっちーだから毎週頑張って見ようと見始めました。そしたら後半残り10分ぐらいまで出ない出ない。いつ出るんだよ!ちょっとそう思いつつ後半一気にぶわーって引き寄せる演技。みっちーやばいとなりました。あんな笑顔の裏の影。暗さ。闇。無言で顔だけで演じ切った。1話の数分で印象付けるみっちーすごい。今後もみっちーを見るために毎週見ますね。個人的には東京にいるうちに少クラにも出て欲しいですね。室くんと絡んでくれたら嬉しいです。うぇすとのお兄ちゃん組に質問攻めにされるのもいいかも。あ、ツインに可愛いなぁ頑張れよってヨシヨシされる図もいいな。後半妄想失礼致しました。では関ジュ注目ホープのみっちーこと道枝駿佑をよろしくどうぞ。

自己紹介。

今さらながら( ¨̮ )
彼らのハナ・フブッキー♪の声でやってきた!

花 と申します❤︎/

 

〇about me
98line
myg
春から短大生してます

▷love
ars→緑よりall
ヤッターマンで翔くんに惚れたのがジャニヲタの初まりでした。ちゃららいはずっと好きです。
デビクロくん辺りから相葉担になりました。
最近離れぎみですが突然dr期が来るFC会員です。
参戦歴→ワクワク学校 LOVE 宮城 あゆはぴ

jw→青より虹色ジャス民
彼らの存在は実はデビュー前から知っていました。
本格的にファンになったのはなうぇすとのメイキングの流星くんに惚れたからです。
ツインのどちらを担当にするか、濵田さんに行くかあーだこーだ悩んだ挙句、青色になりました。イケメンでかっこよくて天然でそれでもってさり気ない優しさにリアコが発動します。低音ボイスにやられております。とは言いつつ、はまこたが好きだったり。のんちゃんの可愛さにやられてたり。濵ちゃんがリアコだったり歌声大好きだったり。うるさいやつです。
FC会員にはなったものの参戦歴はありません。
早く会いたいです。
今年は色んな所に飛んでいく予定です。
こいつに会いたいなとか連れてってやるよって方はぜひ誘ってください。

メイン→大吾 、正門くん F8→丈くん時々末さん ちび→みっちー
知ってたものの実は興味があまりないまま春松竹2017にお邪魔してそのまま沼った、というやつです。
大吾のアイドル魂、イケメンさにやられております。ニノが大好きでリスペクトしてて彼がニノとダブることがあります。声も仕草も好きです。あざとい。
funky8好きです。特に丈くんのうるさいとこ、ダンスと歌声のかっこいいとこ、リアコなとこ大好きです。初めて顔ファンスタートじゃない人です。影で努力してて一生懸命な所に惚れます。末澤くんも気になってます。イケメンでダンスでの演技力すっばらしいと思います。
みっちーは可愛いくて一生懸命で好きです。関西で俺が引っ張っていくぞ!ってのが見えてかっこいい。でも大人になりきれていない所が可愛い。大きくなったらかなりのイケメンになるでしょう。いや、もうイケメンです。好きです。

正門くんはリアコ。彼女にして欲しいです。
ド新規で歴は浅いですが少しずつ勉強している所です。
情報局はとうとう入ってきました。
夏松竹に入る為に頑張ってると言っても過言ではない。
jwの夏の野外で騒ぐ彼らを見たいなぁなんて思っております。

☝︎こちらで妄想が膨らんで収まりきらなかったことをぽつぽつと書いております。

EG Flower→藤井萩花
かっこよくて自分を持っていてなおかつ可愛い萩ちゃんが大好きです。自分の見せ方が分かっててブレない人。涙を見せないで影で努力してる人。憧れです。
Happiness→YURINO
自分の個性、好きなことを全力でする人。辛くても笑顔で笑わせてくれる。宮崎弁が可愛すぎる。南の方の方言大好きです。小さいことを武器にしちゃう天使。

▷my favorite
cafe巡り
→カフェラテが大好きで1人でもふらりと行きます。ベイクドチーズケーキとティラミス、タルトが好き。基本1人でも国内なら行っちゃう可愛くない女の子です。ラーメン屋、カラオケ、旅行も1人で行ったことあります。
make up
→自分のも人のも好きです。本当はそっちに進みたかったかなっても後悔したり、しなかったり。まだプチプラではありますがいつかデパコスでお化粧したいな。
clothes
→男子雑誌も読みます。FINEBOYSとメンノンを中心に普通に立ち読みします。弟に服を選べと言われ選んでもあげます。でも悩みすぎてテキトーになったりもします。最近は系統迷走中。
karaoke
→月1で行きます。行きたいけど行けてない時もある。1人でフルタイム歌うことがストレス解消です。友達と行くより1人で行く方が好きかも?

フォロバはしばらく絡んでからにしております。たくさん絡む人はすぐフォローするかも?
長々読んで頂きありがとうございました!
こんなわたしですが仲良くしてくれる方一緒に絡みましょう( ¨̮ )

春松竹2017

備忘録とやらを。

ハマるのかな?ハマらんかな?と誘われるまま関ジュの春松竹へお邪魔してきました。

今なお続くなうぇすとを横目に見ながら、かなりのショックをうけながら。

セトリを見てお顔と名前と曲を覚えてから嵐のペンラを振り回してきました。(関ジュファンの方にはかなり申し訳ないとは思いつつ、グッズもないし、公式で持ってるのがそれしかなかったんですね。ほんとにごめんなさい。)

それでも若かりし頃にここに立ってて後輩くんたちが受け継いでいると思うと騒がずにはいられなった!!!

関西Jrって声が聞こえた途端、なんか私ん中のエンジンがかかったみたいにテンションがあがりました。

そっからはほぼ記憶がありません。

ただ!!!(こっからが長い)

ちびりゅせが可愛い。そこらの女子より可愛い。すっごく可愛いすぎる。

大吾が、大ちゃんvoiceが好き。歌声が響く。警察官の衣装かっこよかったです。(呼び方が定まらない)

康二くんのビジュがかっこいい。そして面白い。そしていつもいる室くんへの愛が溢れ出ている。可愛い。お兄ちゃんのフォロー流石すぎました。(これについてはちょっと後で)

丈くんが優しい。そして面白い。絆の時には惚れてました。ファンの方との会話に参加したい!!!と思ってました。今までが顔ファンからの始まりでしたが顔じゃなくて人として初めて好きってなりました。

末澤くんがかっこよすぎる。ダンスの腰振りにヤられました。チャラい感じの制服ドストライク。これでもって生徒会長だったとか素敵すぎません?

みっちーが可愛いしかっこいい。一生懸命頑張ってるのがいい。

こんな方々が気になりました。

夜もあるからかな、MC長かったからアンコないのか…とちょっと残念に思いつつバイバイしてきました。

その後、大阪ふらふらしてレポ漁ってご飯食べてるとまさかの!!!大吾倒れたの情報が( ; _ ; )

え、さっきまで声枯れてただけじゃないの?

具合悪かったの?

ちびりゅせといちゃいちゃしてたと思ったら咳してたの?

それをファンに悟られないように康二くんがフォローしてたの?

私の心は奪われました。

関ジュくんたちの頑張りと優しさと強さと。(何か曲が流れそう)

ニノの信者だというのは知ってたのですが二宮和也ハワイ事件(勝手に名付けた)とダブって泣きそうになりました。

大好きってだけじゃなくて教祖様の想いもちゃんと引き継がれてそれをまた実行に移してる姿。

バタンバタンと何度も倒れながらも最後まで舞台に立ち続けた大吾に大きな拍手を送りたいです。

ファンの方々も気を使って帰ろうとした所を康二くんが戻って来て呼んで?俺らカルピス飲んで準備してるから(ここはニュアンスです)最後までファンのためにちょっとジョークも言いつつアンコをしてくれるとこ。大吾も最後の最後まで出てきてくれるとこ。周りのJr.もちゃんと気を使ってサポートしてるとこ。泣けます。

円盤化して欲しい。切実に。多分ないけど。あったら即買いして泣く。

まだまだ続く春松竹。

 

他の仕事もあるだろうし関ジュのメインとしての責任も背負って大変だと思う。

けどまずは自分の体を大事にして欲しい。

無理をしないといっても無理だと思いますが、是非ご自愛ください。

最後まで笑顔で公演が終えられるよう祈ってます。

また別のお仕事で頑張っている文ちゃんと室くんも一緒の舞台を見てみたいと強く思いました。

彼らに活躍の舞台を与えてあげて欲しい。(何様)

こんな感じでここしばらく関ジュに浸っております。抜けられそうにありません。ただただ関ジュを応援していきます。

 

王子様の本当の顔

「ん、いったい」

お腹にズンとした痛みを感じる。

そろそろ、あれ来る頃かな…

トイレへ行ってみると案の定そうだった。

「やっぱりか…今日りゅうくんとデートなんだけど大丈夫かな…」

ちょっとの痛みに耐えつつ準備を始める。

「やっぱり痛いな…でも行きたいし、我慢しよ…」

 ピコン

(そろそろ家出て迎え行くな〜)

既読を付けて家の外に出て迎えを待つ。

するとすぐ彼は現れた。

『おはよ、お待たせ』

窓を開けて笑顔でそう言う彼に頷くと助手席に乗った。すると私の大好きなあったかいココアを渡してくれる。

「寒かったやろ?俺も起きんの辛かったわ〜、妹にモーニングコール頼んだんやけどなかなか起きひんって怒られたわ(笑)」

「ありがとう!りゅうくん朝苦手だもんね(笑)妹さんに会ってみたいな〜」

『今日の話したら妹らも会いたい言うてたで、

気合うと思うからまた今度会わせたるわ(笑)』

「ほんと??めっちゃ楽しみ〜」

そんなこんなしてるうちに私たちお気に入りのカフェに到着。

『降りる時後ろ気ぃ付けや』

「はーい」

運転席からサッと降りてさり気なく手を差し出してくれる私の王子様だ。

だがしかし…

あ、やばい。

そう思った矢先、ふらりとしてしまった。

貧血で倒れそうになった。

グッと腕を抱えられ倒れずに済んだ。

『やっぱり今日は家でゆっくりしよーや、いつものでええやろ?俺買ってくるから車ん中で待っとけ。』

微笑んでそう言うと私を助手席に乗せ、ダッシュボードに入っていたカイロを手に握らせると行ってしまった。

きっと彼は私が女の子の日だということに気付いた。

さり気なくしてくれる優しさに今日は泣いてしまいそう。

 

『ほい、これやろ?』

「あったかーい!!!ありがとう♡」

いつも頼むココアをちゃんと覚えていてくれたみたいだ。

あの忘れん坊の彼が覚えていてくれてすっごく嬉しい(笑)

『そういえば、この前見たいって言ってたDVD借りてきてんけど見いひん?』

「見たい!」

『また俺寝てまうかもしれへんけどな(笑)』

「そしたら寝顔撮るからね(笑)」

『それは嫌や、勘弁してや(笑)』

「じゃあ起きててくださーい」

『頑張るわ』

自惚れてるかもしれないけど私のことなら何でも覚えていてくれているみたい(笑)

愛してくれてるなぁって感じて安心する。

彼の家に着き、車から降りようとすると

『ちょっと待ってや』

「ん?どしたの?」

『まあ』

そういうと自分はサッと降りて助手席のドアを開ける。

『手え貸しや』

素直に手を出すとお姫様抱っこされる。

「ねえ!ちょっと!恥ずかしいよ!」

と言ってジタバタすると

『危ないから大人しくしとけ、俺やってお前ぐらい簡単に抱っこ出来るわ』

さっきからかっこよすぎる彼にどうかしてしまいそう。

あ、いいこと思いついた!

そんな彼には…

チュ

『ん、お前何してん?』

「りゅうくんがかっこよすぎるから」

『可愛すぎるからやめてや、抑え切れんくなるやろ。』

「今日はだめでーす(笑)」

『それ知っとったから我慢してたのに我慢でけへんくなるわ」

 「だーめ(笑)」

ガチャ

私をようやくソファーの上に寝かせてくれると

右口角を上げて妖艶な笑みを浮かべるとキスを落として部屋から出ていった。

 f:id:RyuShuu:20170316135326j:image